--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
06.19

表示確認のための未来記事1ABcde

Category: みぶんるい   Tags:タグ確認
人魚は、南の方の海にばかり棲んでいるのではありません。北の海にも棲んでいたのであります。北方の海の色は、青うございました。ある時、岩の上に、女の人魚があがって、あたりの景色を眺めながら休んでいました。雲間から洩れた月の光がさびしく、波の上を照していました。どちらを見ても限りない、物凄い波がうねうねと動いているのであります。
長い年月の間、話をする相手もなく、いつも明るい海の面を憧がれて暮らして来たことを思いますと、人魚はたまらなかったのであります。そして、月の明るく照す晩に、海の面に浮んで岩の上に休んでいろいろな空想に耽るのが常でありました。blockquote

h3


h4


強調strong イタリックABCdef
#000000
#ffffff←#ffffff
#666666


↑hr
リンク

パラグラフstartなんという淋しい景色だろうと人魚は思いました。自分達は、人間とあまり姿は変っていない。魚や、また底深い海の中に棲んでいる気の荒い、いろいろな獣物等とくらべたら、どれ程人間の方に心も姿も似ているか知れない。それだのに、自分達は、やはり魚や、獣物等といっしょに、冷たい、暗い、気の滅入りそうな海の中に暮らさなければならないというのはどうしたことだろうと思いました。パラグラフEND

パラグラフstartなんという淋しい景色だろうと人魚は思いました。自分達は、人間とあまり姿は変っていない。魚や、また底深い海の中に棲んでいる気の荒い、いろいろな獣物等とくらべたら、どれ程人間の方に心も姿も似ているか知れない。それだのに、自分達は、やはり魚や、獣物等といっしょに、冷たい、暗い、気の滅入りそうな海の中に暮らさなければならないというのはどうしたことだろうと思いました。パラグラフEND



ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ abcdefghijklmnopqrstuvwxyz 1234567890 ,."'!?^~-_|{}[]<>/:;

This style is called "italic" for historical reasons. Calligraphic typefaces started to be designed in Italy, for chancery purposes. Ludovico Arrighi and Aldus Manutius (both between the 15th and 16th centuries) were the main type designers involved in this process at the time.
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%A8%E8%A7%92%E3%81%A8%E5%8D%8A%E8%A7%92
sky


人魚は、南の方の海にばかり棲んでいるのではありません。北の海にも棲んでいたのであります。北方の海の色は、青うございました。ある時、岩の上に、女の人魚があがって、あたりの景色を眺めながら休んでいました。雲間から洩れた月の光がさびしく、波の上を照していました。どちらを見ても限りない、物凄い波がうねうねと動いているのであります。
スポンサーサイト
Comment:4  Trackback:2
トラックバックURL
http://potar.blog.fc2.com/tb.php/16-eb734999
トラックバック
南半球の広い緯度範囲に分布する。主に南極大陸で繁殖するのはコウテイペンギンとアデリーペンギンの2種のみである。ほかに、ジェンツーペンギン・マカロニペンギン・ヒゲペンギン
自らトラックバック dot 表示確認ですABCdefdot 2013.02.11 18:33
人魚は、南の方の海にばかり棲んでいるのではありません。北の海にも棲んでいたのであります。北方の海の色は、青うございました。ある時、岩の上に、女の人魚があがって、あたりの...
表示確認のための未来記事ABcde dot 表示確認ですABCdefdot 2013.02.21 16:12
コメント
「人間の住んでいる町は、美しいということだ。人間は、魚よりもまた獣物よりも人情があってやさしいと聞いている。私達は、魚や獣物の中に住んでいるが、もっと人間の方に近いのだから、人間の中に入って暮されないことはないだろう」と、人魚は考えたのであります。
 その人魚は女でありました。そして妊娠でありました。私達は、もう長い間、この淋しい、話をするものもない、北の青い海の中で暮らして来たのだから、もはや、明るい、賑かな国は望まないけれど、これから産れる子供に、こんな悲しい、頼りない思いをせめてもさせたくないものだ。
コメント確認dot 2013.02.11 18:30 | 編集
子供から別れて、独りさびしく海の中に暮らすということは、この上もない悲しいことだけれど、子供が何処にいても、仕合せに暮らしてくれたなら、私の喜びは、それにましたことはない。
 人間は、この世界の中で一番やさしいものだと聞いている。そして可哀そうな者や頼りない者は決していじめたり、苦しめたりすることはないと聞いている。一旦手附けたなら、決して、それを捨てないとも聞いている。幸い、私達は、みんなよく顔が人間に似ているばかりでなく、胴から上は全部人間そのままなのであるから――魚や獣物の世界でさえ、暮らされるところを見れば――その世界で暮らされないことはない。一度、人間が手に取り上げて育ててくれたら、決して無慈悲に捨てることもあるまいと思われる。
 人魚は、そう思ったのでありました。
コメント確認dot 2013.02.11 18:32 | 編集
poterさん はじめまして。
こちらのテンプレがとっても気に入りまして、使わせて頂きました。

ところが最新の記事は普通のフォントで表示されているのですが、それ以外のフォントとダイド部分のフォントがとても(かなり)小さく表示されてしまいます。

色々とカスタマイズで触ってはみたのですが、結局わからず仕舞いでした。
勝手なお願いで恐縮ですが、一度当方のブログをご覧いただいてご教示頂けると嬉しいです。
ほんとうに申し訳ございませんが、よろしくお願い致します。
チーdot 2013.03.28 11:57 | 編集
はじめまして。テンプレートを使っていただき、ありがとうございます!
申し訳ありませんが、この記事はテンプレート確認用に使っていて、書き足したり消したりするかもしれないので、別の記事で返答させて頂きました。
http://potar.blog.fc2.com/blog-entry-31.html
こちらのコメント欄です。お手数ですが、よろしくお願いします。
potardot 2013.03.28 19:35 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。